« 須惠の郷 読み聞かせ 12/13(木) に行います | トップページ | 12月の宇部火曜日 キディはてぶくろ~The mitten 、小学生は不思議の国のアリス »

2012年11月27日 (火)

三びきのやぎのがらがらどんは残酷?!

1354020292739.jpg

「がらがらどんやりたい~」

「いちばん大きいやぎがいい!」

プレイルーム年代からラボを始めたラボっ子たち、キディさんになって

何度やっても大喜びの「さんびきのやぎのがらがらどん」

新しいお友だちも絵本が大好きで、この物語も好きということだったので、

再度とりくみました。

以前にはお面をつくって、みんなでとりくみました。

今回は、ちょっとかわいい工作。

クリスマス前でトナカイにもみえないこともないですが・・・

さんびきのやぎができました。

さて、この物語、以前からいろんなところで、残酷すぎるとか

兄弟が一番大きいやぎをトロルに売り渡して助かろうとする

意地悪な話だと、お母様方から、幼い子に、

読み聞かせには不向きではないかと

よく質問される絵本だと耳にしています。

でも、それは間違い。

このやぎたちは、山の草場に太ろうとはしをわたりにいくんです。

夏の短い北欧では、草も貴重な栄養源。彼らははしをわたれなかったら、

死んでしまったでしょう。

だから、命がけで、生きる道を選んだという物語なのです。

小さいやぎが大きいやぎに頼ろうとするのは当たり前のこと。

生きるためには智恵も必要だということも、この物語は教えてくれます。

この絵本はマーシャブラウンの素晴らしい絵で展開されていますが、

力強い大きいヤギのがらがらどんの頁は本当に力強く見応えがあります。

こういう物語に幼い頃に出会った子は、小さいものを守らねばならないという

やさしい心や、強くたくましく生きるという力を蓄えていくのだと思います。

ラボでキディさんととりくむときは、いつも私はトロル役です!!

おしつぶされたり、パンチされたり、情けない私ですが、

どうぞ、しっかり倒して、生きる力をつけるんだよ~と心の奥で願うのです。

« 須惠の郷 読み聞かせ 12/13(木) に行います | トップページ | 12月の宇部火曜日 キディはてぶくろ~The mitten 、小学生は不思議の国のアリス »

ラボライブラリー(ラボ出版の絵本とCD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507048/56204694

この記事へのトラックバック一覧です: 三びきのやぎのがらがらどんは残酷?!:

« 須惠の郷 読み聞かせ 12/13(木) に行います | トップページ | 12月の宇部火曜日 キディはてぶくろ~The mitten 、小学生は不思議の国のアリス »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

無料ブログはココログ